美容師のやりがい!やってて良かったと思うことランキングTOP3

美容師をやっていてよかったと思うこと

 

こんにちは、現役美容師よしよしです(‘ω’)ノ

今回は【美容師をやっていて良かったと思う事ランキング】の発表です!

 

どんな職業にも「この職に就いて良かった」と思うことがありますよね。

将来美容師になりたいと考えている人、美容師という職業に興味がある人は読んでみてください。

 

3位.≪私服で働ける≫

 

第3位は服装や髪型が自由という事ですね。

 

基本的にサラリーマンなど会社勤めの場合はスーツなどのフォーマルな服装が求められ

堅苦しくなってしまうのが嫌に感じてしまう人も少なくないのでは?

工場や建設現場なら制服に加え、帽子やヘルメットもありますよね。

髪型にしても茶髪や金髪だと初対面の相手へ与える第一印象が良くない場合が多いご時世です。

短髪なら爽やか、長髪は不潔そうなイメージと取られるのが一般的。

髭なんて生やそうものなら不潔だ!剃れ!と言われる会社もあります。

しかし美容師は基本的にそういった縛りはありません。

 

ちなみに、美容室でも制服着用がルールのお店もあります!

よしよしが最初に就職した美容室は【スラックスとワイシャツ】のスタイルということで中々オシャレができませんでした。

ヘアースタイルは基本的に自由だったけど【坊主頭】【金髪】NG

オシャレじゃないから、という理由で禁止されてました笑

そのへんのルールはよしよしが自分のお店を持ってからも継続しています。

 

2位.≪友人がお客さんとして来てくれる≫

第2位は友人が来てくれる。

旧知の仲でも年齢を重ねると会わなくなってしまうもの。

仕事の都合で遠方へ…家庭の事情で都合がつかない…様々な理由でなかなか会えなくなりますよね。

 

でも美容師をやっていたら会える!

 

髪はどんな状況でも伸びていきますからね。2か月に1回程度の頻度でカットに来てもらえれば顔を合わせられます

その時に近況報告もできちゃいます。

共通の友人が居ればその友人たちの橋渡し役にもなれますね。

 

 

1位.≪好きなことをしてお金がもらえる≫

 

第1位はやはりこれ。

美容師に限らず自分のやりたいことをやって、それが収入の対価になるならこれ以上の幸せはないはずです。

「好きな事」を仕事にした途端「嫌な事」に変わってしまった人も居るかと思いますが、

よしよしは「美容師になりたい」と思ってから今までその想いは変わっていません!

 

いろいろな職業が溢れかえっている世の中ではありますが、一体どれだけの人が

自分のやりたいことを仕事にできていて、どれだけの人が現在の職務にやりがいを感じられているのでしょうか。

 

「この職業がやりたい!」「この職業じゃなきゃダメだ!」という人は多くないと思います。

それでも「なりたい職業」を見出せて、更にその職業に就けるというのはとても素敵な事なのかもしれませんね♬

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です